ちゃえ

ちゃえ

地元のお姉さん達に、デカチンバカの友達が種付交尾しまくってた。

「ヒロくんおかえり。おっきくなったね」=====================================都会の喧騒に疲れ果て、故郷である離島に帰ってきたヒロ。7年ぶりの帰省。久しぶりに再開する幼馴染の3人のお姉さん達と一緒に遊んだ友達。ヒロがまだ島にいた頃は、何をするにも彼らと一緒。彼らと同じものを見て、彼らと同じ遊びをして育った。成長して見た目は少し変わっていたが、再開してからも小さい頃と変わらずヒロに優しく接してくれた。特に地元の年上の女の子達は、辛い時よく助けてもらっていた。家庭が厳しかったヒロにとって、唯一甘えられる存在。彼女らはヒロの心の傷を癒してくれる存在であり、憧れでもあった。あの頃憧れていた彼女達は、成長してすっかり大人になっており、それでもヒロへの扱い幼い頃のまま。昔と変わらない距離感にドキドキしながらも、優しく包み込んでくれる彼女達に感謝しながら。彼らが運営する民泊ではじめて迎える夜。夜中目が覚めトイレに向かう途中、とある一室からきこえた物音。ヒロがドアの隙間から目にしたものは、憧れだったお姉さん達と友達が激しく交わる姿だった。◆本編188+表紙1p◆pdf同梱